クライアントの真の経営課題を見抜き
その解決に最適なサービスを提供し続ける
デルタウィンコンサルティング

チームワークと個の強さのバランス

2015年5月1日

【チームワークと個の強さのバランス】

 

よく、サッカーの日本代表等のチームスポーツの強化を語るときに、「個」の強さ、「1体1」の強さが重要だと言われるますよね。

 

チームで戦う以上、個人競技でないスポーツにおいて、「個」の強さよりも、チームワークを強化すべきという考え方があると思います。

 

もちろん、試合前日、もしくは直前に、個々のレベルアップを図るよりも、メンバーの得意なプレーを組み合わせた、ゲームプランを作るのは、チームワーク、チーム戦術を最大化して臨むのはその通りでしょう。

 

しかし、新チーム編成時等のまだ強化期間がある間、学生スポーツにおいて、新年度のチーム編成において、なすべきことは、やはり「個」の強化であるのではないでしょうか。

 

強い個人の集団が、その強さを最大限チーム力として発揮できるゲームプランを採用したときに、1+1が2以上の力を発揮するようなことが起こります。

 

そこでは、フォワードとしては、先発メンバーではないが、相手に対する当たりに強い選手をバックスにコンバートするような選択肢も生まれる。これも、個の強化を図った結果としての、大きな副産物かと思います。

 

では、ビジネスにおいて、マネージャー(管理職)は、このような観点で、部下の育成を図っているでしょうか?

 

社員のモチベーションを維持強化し、公平性を保つために、人事評価を行うだろうが、個の育成を果たした上での、評価がなされる必要があると感じます。

 

この際の想定される対戦相手、仮想敵は誰でしょう?

 

マネージャーとして、認識すべき対戦相手は、昨日の自分のチームではないかと思います。

 

同業他社と比べることもあるでしょう。

社内の他部署と比べることもあるでしょう。

 

でも、客観的な比較指標は、なかなか存在しないし、言い訳や一概に比較できないといった、ネガティブな意見が多く出てくるでしょうね。

 

一方、自チームの昨日(昨年)と比べてみて、チーム力(仕事の生産性や業務品質)が、強化されていれば、また、それを続けていれば、きっとそのマネージャーは、もうワンステップ上の立場を経験させるという、昇格につながったりするんでしょうね。

 

日本人の得意なチームワークを結果として、より強くするために、今一度、「個」の強化を考え直してみても、いいのではないかと感じています。

 

 

弊社HPのURL : http://www.deltawin.com/

Facebook : https://www.facebook.com/deltawin.cfo

Twitter : https://twitter.com/deltawincfo

登録者2,200名超のCFOネットワーク会員を有する、企業のCFO機能をサポートする日本唯一の会社です。

  • CFO人材紹介・派遣事業
  • 個人向けCFO錬成道場事業
  • 企業向けCFO機能強化研修事業
  • 財務コンサルティング事業
  • 損害保険代理店事業
  • CFOサポート事業

株式会社デルタウィンCFOパートナーズ

東京都中央区日本橋本石町3-2-5 マレ本石ビル401

電話 : 03-6896-3883

ご興味をお持ちの方は、info@deltawin.comまでお問い合わせください。

 

photo credit: IMG_1275 via photopin (license)


ページのトップへ