クライアントの真の経営課題を見抜き
その解決に最適なサービスを提供し続ける
デルタウィンコンサルティング

試合で通用する「痛い練習」の重要性

2014年12月12日

【試合で通用する「痛い練習」の重要性】

 

ラグビーのトップリーグのチームに神戸製鋼のコベルコスティーラーズというチームがあります。

 

平尾や大八木という日本代表選手をそろえて、80年代後半から90年代前半にかけて、日本選手権7連覇を成し遂げました。

 

その7連覇を達成したその2日後に阪神大震災が起きました。

神戸のグランドは使えない状態になり、その影響があったかのように、その後神戸製鋼は優勝から遠ざかります。

 

その後、萩本 光威氏がヘッドコーチ(実質上監督)に就任します。

当時も大学ラグビー界のスター選手が入団する神戸製鋼であったため、選手たちのレベルは非常に高いものがありました。

 

しかし、欠けていたものが。。。

 

練習は、練習のためであって、試合で全力を発揮するために、けがを避けるために、「痛い練習」をしていなかった。

 

「練習でできないことを、試合でできることなんて、ありえない。」

そこで、萩本氏は、メンバーに練習の時から、痛い、タックルやしんどい練習を課します。

 

そして、また、1999年のシーズンに優勝することができました。

まさに、試合で通用する練習の成果が出たと言えるでしょう。

 

よく、甲子園での勝利監督のインタビューでも、「よそ行きの野球ではなく、普段着の野球ができた」というような発言を耳にしますが、同じことですよね。

 

どれだけ、「〇〇〇入門」のような本を読んでも、その競技がうまくなることはありません。

グランドに行き、実際に練習をする。

それも、試合で発揮できることを想定した実践的な練習を、基礎練習に加えて行わないと、試合で通用するレベルには達しない。

 

これは、スポーツだけではなく、ビジネスでも、特に財務管理、ファイナンシャルマネジメントについて、言えると思っています。

 

日本企業の製品やサービスの品質は、世界的にもトップクラスだと思います。

 

しかし、財務管理レベルは、欧米企業、ましてやアジア企業にも勝っているとは言えない状況です。

 

この違いは、何か?

 

日本企業の財務経理マンは、知識はたくさん身につけていますが、アウトプットすることを、過度に怖がって委縮しているように見えます。

 

間違ったらどうしようか?

誤解されたらどうしようか?

答えられない質問を受けたらどうしようか?

 

誰だって、最初から上手くいくことなんてありません。

どういうアウトプットをすれば、どういう反応が来るか、何が起こるかを、実践的な練習を積んでいけば、次第に慣れて、うまくこなせるようになります。

 

 このような観点で、このたび、中央経済社の旬刊経理情報という、約2万部発行の雑誌の特集記事として、「グローバルCFOの育成はこうする」というテーマで寄稿いたしました。

 

経理情報写真1

経理情報写真2

 

記事には、弊社サービスの記載はしておりませんが、弊社ではクライアント企業の個別ニーズにあわせたオーダーメイドの研修サービスを提供しております。

クライアント各社の過去数値、事業計画、組織、製品サービス等をベースにした研修テーマに基づき、「痛い、考え抜いて、それをアウトプットしていただく」ことを、繰り返します。

参加者のみなさんにとって、大変な時間でしょうが、終わった時には、自分にとって、チーム・組織にとって、何が不足しているかを具体的に認識していただけるので、その後のアクション、改善の方向が明確にしていただけています。

 

より多くの企業の国際的財務レベルの向上をご支援すべく、引き続き、邁進していきたいと考えています。

 

弊社HPのURL : http://www.deltawin.com/

Facebook : https://www.facebook.com/deltawin.cfo

Twitter : https://twitter.com/deltawincfo

登録者2,200名超のCFOネットワーク会員を有する、企業のCFO機能をサポートする日本唯一の会社です。

  • CFO人材紹介・派遣事業
  • 個人向けCFO錬成道場事業
  • 企業向けCFO機能強化研修事業
  • 財務コンサルティング事業
  • CFOサポート事業

株式会社デルタウィンCFOパートナーズ

東京都中央区日本橋本石町3-2-5 マレ本石ビル401

電話 : 03-6896-3883

ご興味をお持ちの方は、info@deltawin.comまでお問い合わせください。

 

photo credit: Chris Turner Photography via photopin cc


ページのトップへ