2,200名超の会員を有する
CFO専門の人材育成・紹介と企業向け研修の
デルタウィンCFOパートナーズ

フューチャーCFOクラブについて

クラブ創設の趣旨

CFOあるいは上級CFOになるために、どのようなスキルを、どのような方法で修得すればよいのか、大勢の人がわからず右往左往し、一見無駄とも思える日々をおくっています。
そこで、私どもは、「まだまだCFOレベルには到達していないが、近い将来CFOを目指す若い経理・財務プロフェッショナル」を対象に、CFO資格者レベル到達まで、指導・サポートしていくことにいたしました。

Future CFO Club

目的

個々会員が本会の活動を通じ、ベンチャーCFO、上級CFOになるために、自分に欠けているものが何かを発見・自覚することを第一の目的とし、それを補充・強化するために、会員相互や外部の人たちと交流することを通して切磋琢磨し、最短でベンチャーCFOやそれに匹敵するスキルを身につけることを第二の目的とします。

活動内容

  1. 交流会
    ゲスト講師による講演と立食パーティでの会員および外部関係者との親睦・交流を行います(有料)。
  2. 学習会
    ある特定テーマについて、ゲスト講師或いは会員講師による学習会、ケース・シェアリングを行います(有料)。
  3. CFOプラネット
    会員限定のSNS(ソーシャルネットワーキング・サービス)を持ち、個々会員が経営管理のベストプラクティスを共に追求・共有する場を提供します。
  4. 経営情報の配信
    事務局では、現在CFOネットワーク全体に行っている「日経ヘッドライン配信」や種々情報提供に加え、様々な機関のレポート等も配信します。
  5. CFOスキル診断&ガイダンス(イニシャルガイダンス)
    企業におけるCFOの役割、CFOにどんなスキル・経験が必要かを理解してもらい、それを踏まえて、今あなたに何が欠けているのか、何が不足しているのかを明らかにし、今後どのようなプロフェッショナル・キャリアを、どのようなスケジューリングで積めばよいのかなどキャリア開発を提示します。
  6. フォローアップガイダンス
    イニシャルガイダンスを踏まえ、その後、計画的にスキル修得がなされ、当初のキャリア開発プランどおりにことが運んでいるか否か、もしそうでないとすれば、その軌道修正を的確にアドバイスします。
  7. キャリア開発としての適職紹介
    CFOレベル到達のためにキャリア開発の場を変えた方がよい場合にかぎり、その最も相応しい場を会員へ紹介します。

入会資格

将来CFOを目指す人で、これまで「経理業務」または「財務業務」にPlayerとして3年以上就いた経験を持つ人

クラブの状況

会員数 303名(2012年5月末)

Pocket

ページのトップへ